米軍が1950年台に開発していた超音速の「空飛ぶ円盤」の資料が公開される
先月、アメリカ国立公文書記録管理局が1950年台に開発していた米軍の「円盤型飛行機」の資料を公開した。

その円盤型の飛行機は、まさに映画に出てくるようなUFOを連想させる機体である。当時のスケッチや写真を紹介しよう。1956年当時のメモによると、最大速度マッハ3~4、最大高度100,000フィート、最大飛行距離1,000海里を想定して開発され、開発は1960年まで行われた。

詳しい情報は、MailOnlineとWiredの記事(英語)を御覧下さい。

u01
u02
u03
u04
u05
u06
u07
u08
u09
画像はMailOnlineより

関連動画


元記事

広告