ネアンデルタール人のクローンを出産する母親をハーバード大学教授が求めている!
ネアンデルタール人クローン計画を紹介しよう。ハーバード大学医学部のジョージ・チャーチ教授(58歳)がネアンデルタール人のクローンを出産する母親を探している。彼は遺伝子を研究する世界的に有名な学者である。

チャーチ教授は、ネアンデルタール人のDNAを再構築し、33000年前に絶滅した種を復活させることができると考えている。チャーチ教授の計画では、化石に残っている遺伝子情報を基に、ネアンデルタール人のDNAを人工的に作ることから始まる。そのDNAを人間の幹細胞に注入する。その後、数日間実験室で成長させた後、母親の子宮に移植する。

このチャーチ教授の計画は、映画ジュラシックパークを彷彿とさせる野心的な計画である。その計画を実現する為には、クローンを出産するボランティアの母親が必要である。教授は言った。「現在、私は冒険好きな女性の人間を必要としている。」

チャーチ教授の計画に対し、他の科学者達は次のように感想を述べた。殆どの国で、人間のクローンを作ることは犯罪であるが、彼の計画は、理論的には可能である。しかし、チャーチ教授の計画は、最先端のことであるので、既存の法律では、カバーしきれないこともある。また、再生されたネアンデルタール人は、現代の病原菌に対する免疫を欠いているかもしれないと心配する。

チャーチ教授の野心的な計画は、法律・倫理・宗教の問題を多く抱えており、理論的には可能なようであるが、現実に実現可能か不透明であるが、もしかしたら、将来、ネアンデルタール人のクローンが登場するのかもしれない。
 
1. 33000年前に絶滅したネアンデルタール人
01
まとめ
・ ハーバード大学医学部のジョージ・チャーチ教授は、ネアンデルタール人のDNAを再構築できると考えている。
・ 彼の野心的な計画を実現するには、ネアンデルタール人のDNAを幹細胞に入れ、そのクローンを出産するボランティアの母親が必要である。
・ 彼がネアンデルタール人のDNAを再構築し、33000年前に絶滅した種を復活させることができると考えている。
・ 法律、倫理、宗教の問題を多く抱えている。

2. ネアンデルタール人は、人間より脳が大きい。人間より賢かったかもしれない。
02

3. 映画ジュラシックパークを彷彿とさせる計画である
03

4. ハーバード大学医学部ジョージ・チャーチ教授(58歳)
04
画像は「DailyMail」より

要点だけまとめました。
誤訳していたらごめんなさい。
詳しくは元記事を参照して下さい。

DailyMail(元記事)

Wikipedia

広告