地球で最も生存能力が高い生物「クマムシ」がタフすぎる(写真16枚+動画)
地球上で最も生存能力が高い生物「クマムシ」を紹介しよう。クマムシは、高温・低温・真空・放射線を大量に浴びるような過酷な環境でも生存できる生物である。過酷な環境でも生存できるので、地球最強の生物とも言える。地球最強の生物「クマムシ」をご覧あれ。

1. クマムシ
a07
画像はDailyMailより

クマムシの生存能力
クマムシは、乾燥してタン(樽)状態になると、120年間乾燥に耐え、摂氏100度で6時間耐え、多量の放射線にも耐えられ、真空状態で20ヶ月生存し、-270度に8時間耐えることができる。つまり、クマムシは、宇宙空間に晒されても生存でき、地球上に存在する生物の中で、最も生存能力が高い生物とも言える。

クマムシの特徴
クマムシの体長は、50マイクロメートルから1.7ミリメートル。生息地は、熱帯から極地方、超深海底から高山、温泉の中まで、海洋・陸水・陸上の殆どありとあらゆる環境に生息している。堆積物中の有機物に富む液体や、動物や植物の体液(細胞液)を吸入して食物としている。 

2. 地球上で最も生存能力が高い生物
a01

3. 
a02

4. 
a03

5. 
a04

6. 
a16

7. 
a05

8. 
a06

9. 
a08

10. 
a09

11. 
a10

12. 
a11

13. 
a12

14. 
a13

15. 
a14

16. 
a15
画像はDailyMailより

動画では、クマムシのことを詳しく解説してあります。

動画はこちら
1. クマムシ / Water Bears 地上最強の生物


2. 地球最強の生物といわれている「クマムシの孵化」


DailyMail(英語)

広告