火事で燃えている家の中から撮影した写真が凄い(写真12枚)
ノルウェー・ハンメルフェスト在住のフォトグラファー Zbigniew Wantuch氏が撮影した「火事で燃えている家の中から撮影した写真」を紹介しよう。火事現場の消防士視点の写真です。消防士の仕事がいかに過酷であるかがわかります。

尚、これは消火訓練です。消防士が古い建物に実際に火を付けて、消火訓練をしています。その消火訓練にカメラマンが参加しています。

写真の撮影者は、普段は地元新聞社のカメラマンとして働いている。フォトジャーナリズムとストーリー性のある写真に興味をもっており、火事で燃えている家の中から、消防士の視点で写真を撮影したいと考え、地元消防隊の協力を得てこの写真を撮影した。

撮影時は、建物内部の天井部分が700℃の高温に達していた。なので、建物の中では地面に伏せ続ける必要があった。時折、素早い黒煙に囲まれて、視界ゼロになることもあった。この条件での撮影は、非常に大変であったが、消防士が実際の火事現場でしなければならない仕事に比べれば、大したことではない。

消火訓練
1. 消火訓練で古い建物を燃やしている
brann-hammerfest-1

2. 天井が高温なので伏せて移動します
brann-hammerfest-3

3.
brann-hammerfest-16

4.
brann-hammerfest-4

5.
brann-hammerfest-6

6.
brann-hammerfest-7

7.
brann-hammerfest-10

8.
brann-hammerfest-11

9.
brann-hammerfest-13

10.
brann-hammerfest-14

11. イケメン消防士
brann-hammerfest-15

12.
brann-hammerfest-8

公式ブログには他にもいろいろな写真があります。 
彼はノルウェーの北極圏の写真をよく撮影しているようです。

公式ブログ

広告