アメリカの核シェルター設置工事が凄い(写真40枚)
遂に本日は、2012年12月21日。
マヤ文明の暦(こよみ)が終わる人類滅亡の日らしい(笑)
 
「最後の審判の日」がいつになるかわかりませんが、自然災害や核戦争に備えて、世界的に核シェルターの需要が高まっている。

今回はアメリカの核シェルター設置工事の写真を紹介しよう。この核シェルターの発注者は、カルフォルニア在住のロン・ハバード氏。シェルターは円柱形の形をしており、メインのシェルターが直径約3m、奥行き約6m、床面積約46㎡ある。キッチン、トイレ、シャワー、ベッド、ソファー、通信機器、換気装置など、生活する上で必要なものは全て揃っている。核兵器や生物兵器による攻撃を受けても、シェルターの中で生活していれば、生存することができるとのこと。

この核シェルターは、全てオーダーメードになっており、注文毎にお客の要望に合わせてカスタマイズする。気になるお値段は、今回紹介した核シェルターが46,000ドル(約388万円)、他の案件の平均販売価格は74,000ドル(約624万円)とのこと。あなたも来るべき核戦争の時代に備えて、核シェルターを購入してみては如何でしょうか?

※ 上記金額には、土地・設置工事・内装の料金は含まれていないと思われる。(推測)

1. モデルルーム
1. 核シェルター
modelroom


2. 核シェルター設置工事の流れ
2. シェルターをトラックで運ぶ
bunker_02

3. 土を掘り起こして整地する
bunker_03

4. 土を掘り起こして整地する
bunker_01

5. クレーンを使用
bunker_04

6. クレーンでシェルターを設置する(裏側)
bunker_05

7. 正面側
bunker_06

8. シェルターを拡張する
bunker_07

9. 拡張後
bunker_08

10. 埋める
bunker_09

11. 埋める
bunker_10

12.
bunker_11

13. 出入り口以外を埋め終わる
bunker_12

14. 出入り口の内部より
bunker_13

15. 手動で開閉できる
bunker_14

16. 出入り口(#1)が完成
bunker_15

17. 裏側
bunker_16

18. 換気口と予備の出入り口(#2)
bunker_17

19. 別視点
bunker_18

20. もう一つ小型シェルターを設置する
bunker_19

21. 小型シェルター
bunker_20

22. 出入り口(#1)
bunker_21

23. 予備の出入り口(#2)
bunker_22

24. 全景
bunker_23

25. 出入り口を閉めた状態
bunker_26


2. シェルターの設備
26. 発電器?(うるさいので隔離?)
bunker_24


27. 無線機とパソコン
bunker_25

28. 監視カメラ
bunker_27


3. シェルター内の様子
29. 入り口付近
b
unker_28

30. リビング
bunker_29

31. プラズマテレビ
bunker_30

32. 非常換気装置
bunker_31

33. ベッド
bunker_32

34. トイレと手洗い場
bunker_33

35. 武器庫?
bunker_34

36. シャワー
bunker_35

37. 予備のベッド
bunker_36

38. 家族が多くても大丈夫
bunker_37

39. 満面の笑み
bunker_38

40. 非常換気装置(停電時も手動駆動可能)
外が核や生物兵器で汚染されていても、綺麗な空気に浄化できる。
bunker_39
ところで、娘さんが怪我してますね。大丈夫でしょうか?

画像は「urod.ru」より

Wikipedia

広告