ソビエト連邦で1930年代に開発されていた巨大航空機「K-7」(画像16枚+動画)
ソビエト連邦で1930年代に試作開発されていた巨大航空機 K-7(カリーニン7)を紹介しよう。
この巨大な航空機は、爆撃機又は民間旅客機を想定して開発が進められていた。その姿は、空飛ぶ要塞のようである。
もし、開発が成功していれば、再現CGのように大砲や爆弾を満載し、ソ連の空飛ぶ要塞になっていたかもしれない。
ちなみに、爆弾搭載量は、時代は違うがB-29と同じくらいある。
K-7の機体の全長は28m、両翼の長さは53m、主翼の厚さは2.33mもある。
民間機として運用した場合、乗客は翼の中に収容され、最大120人を乗せることができる。
この巨大航空機は、実際にテスト飛行で空を飛んでいる。
しかし、テスト飛行中に尾翼が破損、墜落して15人の乗員が死亡した。
その後も開発が続いたが、最終的に1935年に計画中止となった。

当時のK-7の写真
1. K-7の乗組員
15


2. 飛行場のK-7
14


K-7の再現イラスト
3. K-7全体図
16
K-7 スペック
全幅: 53.0 m
全長: 28.0 m
翼面積: 454,0 m²
アスペクト比: 6.2
空虚重量: 24,400 kg
離陸重量: 38,000 kg
エンジン: 水冷V型12気筒エンジン M-34f (各離昇出力550 KW)
最大速度: 234 km/h
巡航速度: 180 km/h
上昇限度: 4,000 m
武装: 7.62 mm機銃ShKAS ×6
爆弾搭載量: 9.000 kg
乗員/乗客: 11人/120人
※Wikipediaより


K-7の再現CG
K-7に関する情報は、ソ連の当時の最高機密であったので、あまり写真が残されていない。下記画像は、ロシアの歴史愛好家がCGで再現したものである。少し妄想も入っているが、素晴らしい出来栄えである。

4. 
1

5. 
2


6. 
3


7. 武装したイメージCG
4


8. 大砲を積んだイメージCG
5


9. 大型爆弾を搭載したイメージCG
6


10. ドイツ軍のUFOと遭遇!?
7

11. ドイツ軍のUFOと遭遇!?
8

12. 民間旅客機の運用イメージ
9


13. 民間旅客機の運用イメージ
10


14. 機内イメージ
11


15. 機内イメージ
12


16. 機内イメージ
13
画像は「englishrussia.com」より
 
動画はこちら(写真スライドショー)

 

詳しくはWikipediaを参照して下さい。

 

Wikipedia

広告