道路にレンガを自動的に敷くマシーン「タイガー・ストーン」(写真5枚+動画)
道路にレンガを自動的に敷けるマシーン「タイガー・ストーン」を紹介しよう。このマシーンを利用すると、カーペットを敷くのと同じくらいの労力で、新しいレンガの道路を敷くことができる。オランダ人発明家のおかげで、骨の折れる重労働が楽になった。この驚異のマシンは、瞬く間にレンガを完璧に道路に敷き詰めることができる。

そのプロセスは、まるで魔法のように見えるかもしれないが、その発明の秘訣は、スマートにデザインされた重力を利用した仕組みにある。

1. タイガー・ストーン
b03

主な特徴
・ 1日にレンガの道を400平方メートル敷くことができる。
・ レンガの重さを利用し、重さでスライド、整列してレンガが敷かれていく仕組み。
・ オランダ人のHenk van Kuijk氏によって発明された。

2. オランダ人のHenk van Kuijk氏によって発明された。
b01

3. 労働者の作業は、ホッパーからレンガを必要なだけ手で入れるだけ
b02

労働者が行なわなければならない作業は、タイガー・ストーンのホッパーからレンガを必要なだけ手で入れるだけである。それ以降は、レンガの重さでシートがスライドし、地面に敷かれていく。

4. レンガの重さでシートがスライドし、地面に敷かれていく
b04

5. レンガの道を1日に400平方メートル敷くことができる
b05
画像はDailyMailより

動画はこちら
1.


2.

 
要点のみまとめました。
詳しくはDailyMailの記事をご覧下さい。

DailyMail

広告