クライスラーのスポーツカー「バイパー」の工場生産ラインに潜入(動画)
クライスラーのアメリカ・デトロイト工場で生産されているスポーツカー、バイパー (Viper)の生産ラインを撮影した動画を紹介しよう。この動画を見ると、アメリカの自動車生産の流れがダイジェストでわかります。この工場は、クライスラー倒産の煽りを受け、過去2年間工場が閉鎖されていたが、昨年12月にリニューアルオープンした工場である。動画はニューヨーク・タイムズが取材した公式動画です。

クライスラーのバイパー生産ライン 
1. スポーツカーのバイパー 
a00

2. クライスラーのデトロイト工場
a01

3. エンジン組み立て
a02

4. 車体組立
a03

5. 動作チェック中
a04

6. 外装取り付け
a05

7. 完成
a06
画像はYouTubeより

詳しくは動画をご覧下さい。

動画はこちら


自動車工場といえば、ファクトリー・オートメーションで自動化され、作業員の数も最小限になっていますが、このクライスラーのデトロイト工場は、人力で組み立てる工程が多いような印象を受けます。労働組合の力が強いのか、スポーツカーで生産台数が少ない車種だからでしょうかね。そのあたりが、生産コストに直結しそうな気がします。

Wikipedia

広告