シベリアの幼稚園、気温-20℃の屋外で水浴びをする(写真7枚)

シベリアにある幼稚園の極寒の水行(水浴び)を紹介しよう。ロシア・シベリアの都市クラスノヤルスクにある第317幼稚園では、気温-20℃の屋外で、子供たちが水浴びをしたり、雪の中を走り回る。寒い日は、気温-25℃を下回ることもある。子供たちは、まずサウナで体を温め、その後、気温-20℃の屋外で水浴びをする。

ロシア人は、こうやって、子供の頃から寒さに耐える訓練をしているので、寒さに強いのかもしれない。



シベリアにある幼稚園の極寒の水浴び
1. サウナに入った後、室外で水を被る子供たち
e01

2. 水を浴びた後、雪の積もった運動場をダッシュ
e02

3. 湯気が上がっています
e03

4. 気温-20℃の屋外
e04

5. 園長先生も水浴び
e05

6. 寒い日は、気温-25℃を下回ることもある
e06
 
7. サウナで呼吸法を教えているところ
e07
画像はdofiga.netより

Wikipedia

広告