NASAの太陽観測衛星が撮影した、太陽に火の雨が降る光景が凄すぎる(動画)
アメリカ航空宇宙局(NASA)が打ち上げた太陽観測衛星、ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー (Solar Dynamics Observatory)が撮影した太陽の映像を紹介しよう。太陽観測衛星のSDOによって、迫力ある実際の太陽が撮影されています。太陽の表面で、巨大な爆発により、火の雨が降る様子が撮影されています。大迫力の太陽をご覧あれ。

動画はこちら
1. 太陽では、巨大な火の雨が降る


2. SDOの3年目の活動記録


3. 太陽の表面での大規模爆発


※ 2つ目の動画には、字幕が付いています。YouTubeの字幕を英語から日本語に翻訳すると便利です。


太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー」とは?
ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(Solar Dynamics Observatory)は、アメリカ航空宇宙局(NASA)が打ち上げた太陽観測衛星である。打ち上げは2010年2月11日に行われ、5年以上にわたる太陽の継続観測を予定している。この衛星は、Living With a Star (LWS)プログラムの一環である。LWSプログラムの目標は、日々の生活にも関連の深い太陽-地球系を科学的によりよく理解することである。またSDOの目的は、太陽大気を高い空間分解能・時間分解能で多波長観測し、地球と地球周辺の空間に対する太陽の影響を調査することである。SDOは、太陽磁場がどのようにして形作られ、そこに蓄えられた磁場のエネルギーがどのようにして太陽風や高エネルギー粒子、太陽光に変換されて地球周辺も含む太陽圏に放出されるのかを調査する。Wikipediaより

NASA公式サイト

Wikipedia

広告